プロフィール

鳶ゑ

Author:鳶ゑ
気の向くままに、絵を描いたり読書したり。時間がある時は映画も見るし、PSP&Vitaもいじったりもする。
そして時々、ネジが緩むと変な発言もする。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

迷い猫の足跡

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/19 (Sun) 22:44
ようやく本編、第一話

オリジナル・ファンタジー系自作文
「龍姫と竜子/遥かなる絆」
第一話、公開しました。






リンクのFC2小説へ「龍姫と竜子/遥かなる絆」のタイトルで
「toieba」の名前で公開中。
気が向いたら見てやって下さい~。

最近、再読したくなって買い直した本が本棚にいる。
2…3作品ぐらい?
多いな(苦笑)

多分、昔ほど一つの作品だけに熱っぽくならなくなってきたから。
逆に、色々な作品に触れてみたいという欲は強くなった。
----------------------------------
さて、話し話変わる。

以下、掲載文より抜粋

「第62回ベルリン国際映画祭の各賞発表・授賞式が開催された。コンペティション部門の最高賞、
金熊賞はイタリアのパオロ&ヴィットリオ・タヴィアーニ監督映画『シーザー・マスト・ダイ(英題)
/ Caesar Must Die』が受賞。
ショート部門で金熊賞に次ぐ賞となる審査員賞銀熊賞を、和田淳監督『グレートラビット』が獲得し。
本作は、シンプルな線で描かれたアニメ短編で、ユーモラスながら芸術性の高い作品になっている。
和田監督は「自分の作品はわかりにくいと思っていましたが、(本映画祭では)もっとわかりに
くいのがありました」と評する。フランスで製作しているが、「フランス製作でも、いつもと
変わらずというスタンスで、受賞もそのせいではないと思います」と分析。うさぎをモチーフにした
理由は「意味はなくて、うさぎが好きなのと、去年、うさぎ年だったので」と受賞会見でも
リラックスした雰囲気で語った。」

ニュースと共にみた、短編アニメ

ユーモラスとは彼の事かもしれない。
これからの活躍に注目したい監督の一人。

2012/02/19 管理人toieba
スポンサーサイト

<< 『コンセプション 俺の子供を産んでくれ!』 | ホーム | 修正 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。