プロフィール

鳶ゑ

Author:鳶ゑ
気の向くままに、絵を描いたり読書したり。時間がある時は映画も見るし、PSP&Vitaもいじったりもする。
そして時々、ネジが緩むと変な発言もする。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

迷い猫の足跡

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/04/22 (Fri) 21:58
レヴェナント 蘇りし者

見てきました、「レヴェナント 蘇りし者」
個人感想としては良作品です。
最後のエンドロール直前のシメがちょっと
勿体無いなぁと感じましたが。

兎に角、映像美と音楽がヤバい。
なによりディカプリオの熱演ぶりがヤバくて。
予告編を見た時は、もう少し違う作品を想像して
ましたが、事前に時代背景を予備知識を入れて
おけば良かったと思いました。

結論から言うと非常に重い作品です。

観る価値は有ります
ですが、完全に人を選ぶ映画です

あえて先にパンフレットを購入して、ざっくり
読んでおいても良いかもしれない。

それじゃネタばれになるのでは?

となるかも知れないけど
そんな一言で語り尽くせる映画ではありません
ので、ご安心を

今後の監督の作品を楽しみに待ちたいです。

これから見ようか迷っている方へ

◎レビューの感想はあくまで個人感想だと
 言う事を忘れずに
 自分の意思で観るか、止めるか決めましょう
◎じっくり腰を据えて観る作品だけにレンタル
 解禁を待つのも良いと思う。
 が、あの映像美と音楽はシアターで是非とも
 体感して欲しい
◎アクションでもサスペンスでもありません。
 ヒューマン系ドキュメンタリー風味ですが
 ほろり泣くシーンはありません
 そんな「甘え」は皆無です
 人の奥底にあるモノをえぐり出されるような
 とても「厳しい」作品です
スポンサーサイト

| ホーム |

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。